紀州犬の友 紀州犬とは
清潔な環境で育つ紀州犬の子犬たち
 紀州犬の友TOP
  紀州犬は古くから紀州半島を中心に猪犬・鹿犬としてとして飼われてきた地犬とオオカミの交配種を先祖に持つ猟犬です。日本犬では中型犬に属し、オスの体高49cm 〜 55cm、メスの体高46cm 〜 52cmです。毛色のほとんどが白ですがわずかに有色犬もいます。白毛でうっすらと茶色っぽくなっている犬がいますが昔からよごれ白と言われ過去の名犬に多く見られます。目と鼻の色は濃いぶどう色が良いとされ、鼻の色は季節により薄くなったり濃くなったりする犬とそれらに左右されない犬がいます。

 洋犬と違い紀州犬は自然の中で完成された犬種で忠実、従順な性格でに加え地味で素朴の中にも品位があり年齢と共に良さが表れて来るのが魅力です。昭和9年5月に天然記念物指定犬となり「紀州犬」と呼ばれるようになりました。現在では全国に広がり一般家庭の愛犬として飼われるようになっております。 
 
≪ 日本犬の標準 ≫
 

 ≪ 日本犬標準の解説(抜粋) ≫
 
 1.本質と
  その表現

日本犬は悍威、良性、素朴の本質をとても大切にしています。悍威とは、気迫と威厳、良性とは、忠実で従順。素朴とは、飾り気のない地味な気品と風格をいい日本犬が生まれながらにして持つ根本的な性質を言い表しています。加えてその表現は、小型犬と中型犬は感覚は鋭敏、動作は敏捷、歩様は軽快で、弾力があります。

 2.一般外貌
全体的な外観のありさまで、雄は雄らしく、雌は雌らしいという、雄と雌の性の特徴を性微感といって、とて大切にしています。体躯はバランスよくまとまり、骨格は緊密。筋腱は発達して体高と体長の比は、100対110という、やや長方形の体型です。雌は雄に比べてやや胴長の感がします。
★各型、各犬種の体高と計り方
体高は、前肢の足元から、肩甲骨上端のやや後方を被毛を圧して測定します。紀州犬の体高雄の標準体高は52cm、雌は49cmです。平均的に、雄は49cmから55cm、雌は46cmから52cmの間です。


 3.耳
頭部に調和した大きさで、内耳線は直。外耳線はやや丸みをおびた不等辺の三角形で、やや前傾してピンと立ちます。

 4.目
やや三角形で、目尻が少しつり上がった力のある奥目で、虹彩が黒色であったり、反対に淡い色あいのものは好ましくありません。濃茶褐色が理想です。


 5.口吻
豊かな頬から締まりのよい吻出しで、鼻すじは直線。口元は丸みを帯びて、ほどよい太さと厚みを持ち適度なストップがあります。
口唇はゆるみがなく、一直線で引き締まります。鼻の頭は、有色犬は黒色。白色犬は、黒っぽい褐色になります。歯牙は、歯数42本でよく発達して、上下のかみ合わせも正常であることが求められています。歯数の足りないものや、舌に斑のあるものは好ましくありません。

 6.頭と頸
額は広く、頬の部分はよく発達し、頸は適度な太さと長さを備えて、しなやかな力強い筋肉を有しています。

 7.前肢
前肢は、肘を胴体に引き付け、体幅と同じ幅で地面に接します。前繋は適度な角度を備えて、指部は緊まりよく握ります。

 8.後肢
大腿部はよく発達し、飛節は適度な角度でねばりのある強さを備え、腰幅と同じ幅で接地します。趾は締まりよく握ります。紀州犬によくみられる後肢の距(狼爪)は生後2〜3日の間に除去します。

 9.胸
前胸はよく発達し、あばら骨は、適度に張って楕円形(卵型)を示します。胸深は、体高のほぼ半分位ですが、浅くても45%以上は必要です。

 10.背と腰
背は背部から、腰部尾の付け根までが直線です。腰部は頑丈で、歩様の時に腰の上下や横ぶれ運動をするものは好ましくありません。

 11.尾
適度な太さで力強く、巻尾か差尾になり、長さはその先端がほぼ飛節に達します。
巻尾は、字句のとおり巻いています。差尾は、巻かずに前方に傾斜したもので、紀州犬によく見られます。

 12.被毛
表毛は硬く、直状で冴えた色調を持ち、下毛は綿毛といわれて淡い色調で軟らかく密生した二重被毛となっています。尾の形はやや長く開立しています。
日本犬の毛色には、胡麻、赤、黒、虎、白の五毛色があります。
紀州犬は、白が圧倒的に多く、胡麻や赤等の有色犬がわずかにいます。

 
 
天然記念物紀州犬 ペットのイエローページ  柴犬専門サイト e柴犬ドットコム 中型犬展覧会用リード
 
 Copyright (C) 2015 kisyuken.com All Rights Reserved.
            
  メニュー
  紀州犬とは
  紀州犬の飼育方法
  紀州犬の昔ばなし
  弘法大師と紀州犬
  YouTube リンク集 
  犬の十戒
  出産早見表
  子犬の成長ブログ
  お問い合わせ
  お気に入りに追加